生活習慣を改善してAGAの対策

AGAは、男性ホルモンばかりが実は原因ではありません。その人の、生活習慣も原因となりえるのです。ですから、生活習慣をしっかりと改善させることもAGAの対策にはなるのです。

具体的にはどのような生活習慣を改善すればいいのでしょうか。まずは、食事の改善でしょう。AGAの原因の一つは、毛根に頭皮の毛細血管からいきわたらないというものがあります。そのため、しっかりと食事を取って栄養を毛根にいきわたらせることが必要となるのです。

また、運動も対策には最適です。これは、先ほども述べたように毛細血管からの栄養が非常に大事です。となりますと、運動をすることで血行を良くし栄養分を行きわたらせやすくすることもできるのです。定期的に運動は取り入れて体の血管を生き生きさせましょう。

そして、最終的にはストレスを抱えないような生活習慣にすることが大事です。どうして、ストレスなのかというと、実はストレスは頭皮の毛細胞には一番害となるものなのです。ストレスを溜めますと人間は萎縮をしてしまいます。これは精神的な委縮だけではなく筋肉や血管の委縮も同様に起こるのです。そうなりますと、栄養を毛細血管から頼っている毛根に非常に大きなダメージを与えてしまうのです。

このように、食事、運動、さらにストレス対策をすることで再び活気ある頭皮にすることができるようになるのです。是非とも、3つの生活習慣を改善してAGA対策を行っていきましょう。女性のFAGAやびまん性脱毛症にも生活習慣の改善がお勧めです。男性と変わらずストレスに晒される女性が増えている反面、薄毛で悩む女性も増えています。東京で働く薄毛に悩まされている女性はこちらをチェックしてみてください。女性 薄毛 病院 東京

 

カテゴリー: 精神面 | タグ: | コメントは受け付けていません。

だいの大人が100円をコソ泥するとか寒くないかい

この間の出来事です。ジムでポッケに入れていた100円を落としてしまいました。そしたら、別の人が100円拾ってこっそりポケットに入れてるんです。「いやいや、それ俺のだから…」って言いそうになったけど、言うのも野暮っていうか、その人がこそこそとポッケに入れている姿を見たら自分のものだと自己主張する気概も失せたって言うのが本音ですね。

たかだか100円っていうとお金を安んじているようでいささか憚られるんですが、それにしても大の大人が100円の硬貨を周りの目を気にしながらポケットにしまう姿は滑稽という言葉以外の何物でもありませんでした。

しかし、不景気と言いますか、こんな小さな場所にも不景気の波が押し寄せていて、目の当りにさせられた気分で少し悲しくなりました。むろん、私なら迷わずジムのスタッフに落し物として届けます。それが大人として当然のマナーというかエチケットというか、こっそりポケットにしまうような行為は乞食同然だなぁって思いましたね。

カテゴリー: 精神面 | タグ: , | コメントは受け付けていません。

効果抜群のAGA最新医療技術!HARGとは?

AGAを改善するために行われる一般的な治療方法にはプロペシアの服用などが挙げられます。 この治療でもAGAが改善する可能性は約7割と、比較的高いものになっていますが、さらに効果が高く、AGAが改善する可能性は9割を軽く越えるとされている治療法がHARGなのです。

HARGとは毛髪再生医療の一種であり、近年では日本でも施術が行われるようになってきました。 HARGは人間の脂肪幹細胞から取り出したたんぱく質にアミノ酸やビタミンを配合し、さらにAGAの症状の進行具合に応じてビタミンHやビタミンBなどを加えていきます。 これらを頭皮に直接注入することで、毛母細胞を活性化させて、髪の毛の成長を促進していくのです。

1度の治療でかかる時間は15分程度ですが、事前に麻酔を行うほど、痛みを伴うものもあり、1ヶ月に1度、それを6回繰り返すのが一般的です。 また、通常のAGA治療に比べて、非常に治療費が高くなっています。 ただし、その効果は非常に絶大で、女性にも効果がある毛髪再生技術なのです。

HARGに似た治療法に育毛メソセラピーがあります。これは配合される成分が違うってところと注入する方法が多少違うってところがあります。基本的にコンセプトとしては同じだろうって思っています。育毛メソセラピーは毛髪クリニックなどで人気のところは取り入れている事が多いですね。

HARGの進化系にグロースファクターといった方法もあります。これも基本は同じコンセプトです。今は飲む育毛剤による治療よりも注入治療が主流になろうとしている印象がありますね。クリニック選びの際はこの辺をポイントにして絞っていくと良いかもしれません。

カテゴリー: AGA病院 | タグ: , | コメントは受け付けていません。

AGAを治療しようと思ったきっかけって何?

薄毛や抜け毛がちょっとくらい気になっても、髪の毛自体はあるので、なかなか現実を受け入れられない方も多く、それで病院へ行くのはちょっと恥ずかしかったりもしますよね。特に年齢が若ければ若いほど、ハゲの病院なんて考えられないって思う傾向が強いのもうなづけます。

進行性の脱毛症であるAGAは、放っておくと生え際が後退していったり、頭頂部から薄くなっていったりしますが、治療することによって進行を防いだり、発毛を促したりすることができます。逆に何もしないと男性ホルモンはますます活発になり、悪玉化することでヘアサイクルは乱れに乱れていきます。

AGA治療を始めるきっかけは人それぞれで、なかでも自分の髪のボリュームが少なくなってセットしにくくなったことで始められることが多いようです。 自分では気になっていなくても、周囲の視線や家族や友人の指摘がきっかけで気になり始める方もいるようですね。私は誰が見ても分かるくらい生え際が薄くボリュームが無くなり、髪がペッタンコの状態になりました。このままでは無くなってしまうという強い危機感を抱き、病院で診察をすることを決意しました。

最近では、TV番組やCMなんかでも紹介されているので、それをきっかけに通院する方も増えているようです。 AGAは薄毛や抜け毛の症状が出てから早いうちに治療をすると効果も高いといわれているので、ちょっと気になったら専門医の診断を受けてみるといいかもしれませんね。実際には症状が出るときはすでに何か月、何年と経っていると考えられます。水面下でこっそりと進行していることがほとんどであり、その分治療で回復するまでに時間が必要となります。

私は横浜にあるAGAの専門病院を訪ねました。全国展開されている湘南美容外科の毛髪外来にするのか?はたまた、横浜にしか病院がない横浜中央クリニックを訪ねるのか?あとは聖心毛髪再生外来という病院も横浜にはありますね。私は全てでカウンセリングを受けてきましたが、どこも親切で感じのいいお医者さんでした。詳細:http://aga病院横浜.biz/

この中でも湘南美容外科では自毛植毛って方法も選択肢に入れることができますからね。私のような生え際が薄く後退している場合だと、まだまだ進行してしまう可能性もあるし、自毛植毛をする場合はそのことも考慮して行う必要があります。あと、自毛植毛をしても髪を育む治療も同時に進める必要がありますね。自毛植毛で増やしても男性ホルモンが悪さして薄毛が悪化してしまうのでは意味がありませんからね。

カテゴリー: AGA病院 | タグ: , , , | コメントは受け付けていません。

AGA治療に効果が期待できるジェネリック医薬品 

AGA治療に最も効果があるとされている治療薬プロペシアは万有製薬が2005年から輸入承認許可を得て日本で販売している医薬品です。

このプロペシアと同じ成分であるフィナステリドを含んでいるものとして海外で製造販売されているフィンペシアというものがありますが、これはジェネリック医薬品で、日本では販売許可が下りていません。

ジェネリック医薬品であるフィンペシアはプロペシアと同じようにAGA治療の効果が期待されている上に、1錠あたり100円前後で買えるというメリットがあり、最近、日本でも個人輸入で購入している人が増えています。 しかし、AGA治療と言うのはその人の症状にあった治療薬を処方しているためジェネリック医薬品での効果は保証がありません。

また、AGA治療薬には副作用なども報告されていますから、副作用に対するリスクや商品に対する信頼性や信憑性、輸入代行のリスクなどのデメリットがあります。

確かに、ジェネリック医薬品は安価で手に入れることが出来ますが、確実にAGAを治療したいとお考えの方は、信頼できる専門クリニックなどの医療機関で処方してもらう治療薬を購入するようにしましょう。AGA治療を広島近辺でご検討であればこちらをどうぞ!http://aga病院広島.biz/

初期段階のAGAの場合、AGA治療薬を服用し始めてから、目に見える効果が現れてくるのが、例えば、毎日フィナステリドを1錠飲み続けて大体半年から1年だと言われています。 ただし、100%発毛すると言うことを断言しているAGA専門クリニックと言うのはありませんし、個人差によっても効果ある、効果なしと言う結果になってしまう場合もあります。

しかし、フィナステリドを飲み続けている人の90%の人は、抜毛が少なくなった、髪の毛が生えてきたなどとAGA治療をする前より改善したと、何らかの効果があった反面、残りの10%の人は、効果なしと言う結果も出ています。 この10%の人の状況を統計でみるとAGAの進行が早く、既に髪の毛の量が減ってしまっている人です。

AGA治療をしても「効果なし」と言う結果になる前に抜毛が気になり始めた段階で、治療を受けましょう。 早い段階だと効果も出やすく見違えるほど髪の毛の量が増えるなど、期待することが多くなります。

不安に思われる場合は、治療費や治療方法、生活習慣のアドバイスなど教えてもらうことが出来ますので、AGA専門クリニックなどで無料カウンセリングを受けてみませんか?

 

カテゴリー: AGA病院 | タグ: , , | コメントは受け付けていません。

増毛の体験談をチェック!どんな感想を持つ人が多い?

増毛の体験談をチェックしてみて、目立った意見をピックアップしまとめてみました。 まだ増毛するのを悩んでいる人は、要チェックですよ。

・自信が取り戻せた 薄毛のせいで自信がもてない、帽子が手放せないという人は多いのですが、増毛により一気に髪の毛を増やせたことで、自信が取り戻せたという体験談は非常に多いものです。 転勤や引越しを機に、増毛にチャレンジする人も多いですよ。

・オシャレやスポーツが楽しい 髪の毛が増えたことにより、オシャレをするのも楽しくなったという体験談も見かけます。 遺伝などで若いときから薄毛に悩む男性も多いですが、薄毛のままだとどうしても若い人向けのファッションは似合いませんよね。 良質な増毛なら整髪料でセットをすることもできるので、自分の好きなスタイルを試せますよ。

・クセになって止められなくなった 一度自然な髪の毛を得てしまうと、その感触に病みつきになってしまう人も多いようです。 丁寧にケアをすれば増毛部分の毛髪も長持ちしますし、月々のメンテナンスはそれほど負担にならないようですよ。

増毛にもメリットデメリットがありますね。上手に利用すれば楽しい人生を手に入れることにもなりますし、決して高い投資ではないでしょう。無料増毛体験を準備している会社も多いので、まずは気軽に試して比較してみるのも良いですね。今月は増毛月間にしよう!と決めて、無料増毛体験を試しまくるのも良いですね。

カテゴリー: 増毛 | タグ: , , | コメントする

アレルギー性肉芽腫性血管炎(AGA)の原因と症状

同じ「AGA」でも、「Allergic granulomatosis」を略したAGAは、血管炎の一種で、日本語では「アレルギー性肉芽腫性血管炎」といいます。 「男性型脱毛症」のAGAとは全く関係ないのですが、「AGA」で検索するとヒットすることがあるので、少しだけご紹介します。

アレルギー性肉芽腫性血管炎は全身の動脈に血管炎が起きる病気です。 この原因は今のところハッキリとは分かっていませんが、何らかのアレルギー反応によるものと考えられており、その証拠に気管支喘息やアレルギー性鼻炎の人が掛かりやすいようです。

アレルギー性肉芽腫性血管炎は、まず先行してアレルギー体質が起こります。 例えば気管支喘息が発症してから3年以内にこの病気が現れると言われています。 その後の症状としては、痺れや感覚障害などの神経症状が多く、その他筋肉痛や腹痛、消化管出血、心不全や心筋梗塞、発熱なども起こります。 これらは炎症を起こしている血管の支配下にある臓器に血流障害が起こることで引き起こされている症状です。

われわれに関連が大いにあるAGAについて、早めの治療こそが改善率に大きく関係します。自分でケアしても1年間続けて効果が全くないといったケースも珍しくありません。実際10年近く育毛剤を使っているが、完全にAGAでハゲの姿で生活をしているって人も少なくないのです。

札幌から沖縄まで、AGAを専門とするクリニックの数は増え続けています。その中で、薄毛の患者に選ばれている病院こそが、本当に任せられる期待の病院と言えます。例えば札幌でも沢山のAGA病院がありますが、その中でも非常に評判が良い病院というのが一つあります。参考:aga病院札幌.biz

治療に通っていれば普段の生活は全く気にしなくていいかというとそうではありません。やはりAGA治療には普段の食生活や生活習慣も大きく関係してきます。基本的に健康的な生活を送ることがAGAにとっても良いスタイルだとされています。

カテゴリー: AGA病院 | タグ: , , | コメントは受け付けていません。

男性ホルモンが多い場合のAGAの治療方法について

AGAの原因となっているのは男性ホルモンの過剰な分泌だとされています。 男性ホルモンが多い人はAGAになりやすく、つまりはハゲやすいということになりますね。 男性ホルモンが多い人はどのようにしてAGAを治療すれば良いのでしょうか。

AGAの原因となっているのはジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンです。 このホルモンの働きによって脱毛が引き起こされ、抜け毛が多くなってしまいハゲてしまうわけです。

男性ホルモンが多い方はこのジヒドロテストステロンの働きを抑える薬を使うというのが一般的な治療方法です。 代表的な治療薬として知られているプロペシアジヒドロテストステロンの働きを抑え通常に戻す効果を持っており、AGAの進行を止めて抜け毛を減らすことができます。

これだけだと抜け毛を減らしただけに過ぎませんから、ジヒドロテストステロンの働きを抑えるのと同時に、発毛や育毛効果のある育毛剤などを使用するのが良いでしょう。

カテゴリー: 治療薬 | タグ: , | コメントは受け付けていません。

AGAの患者数っていったいどのくらいなの?

男性の大きな悩みの一つとして薄毛の悩みというものがありますね。 そしてその薄毛の悩みの主な原因とされているのがAGA、男性型脱毛症です。 薄毛で悩む方の多くがAGAだと言われますが、実際のところどのくらいの患者数がいるのでしょうか。

AGAの患者数は10年ほど前の調査によると1,200万人以上いると言われています。 つまり日本人男性の約5人に1人程度はAGAだということになり、成人男性ということを考えればさらに割合は多くなります。

また患者数は1,200万人とされていますが、実際にそのうち治療を行った人は約半数だというデータもあります。 AGA患者の半数は発症して薄毛だという自覚があってもそのまま治療もせず受け入れているということでもありますね。

日本人のAGAの患者数は年々増え続けています。 その原因はやはり日本人の生活の変化にあるでしょう。 ストレスを溜め込みやすい生活をしている人が増えていることや、欧米型の食生活というのも大きな原因でしょう。

AGA病院を大阪で探している人はこちらを参考にしてみてください。私の実家は大阪にありますが、私の叔父がこちらで紹介されている病院で治療を行い、かなり改善できたと喜んでいました。AGA病院大阪.biz

治療する際は病院によっても内容や費用が異なります。AGAの薬が効くかどうかの検査を経て薬を処方する病院もあれば、ただ問診しただけで薬を処方するだけの病院もあると聞きます。

やはり一度決めた病院で治療を無事に終えたいと思うのが普通だと思いますので、最初の病院選びが非常に重要ということです。しっかりと医学に基づいた治療を施してくれる病院を選ぶことこそが条件として欠かせないでしょう。

そういった意味では、個人的に民間療法の域を脱しないサロンでの育毛には懐疑的な意見を持たざるを得ません。中には結果が出ている例もあるようですが、私は医師のもと治療をすることを選びたいと思います。

カテゴリー: AGA病院 | タグ: , , , | コメントは受け付けていません。

AGAによる薄毛は女性の評価を下げてしまうのか?

AGA・男性型脱毛症でお悩みの男性にとって、やはり薄毛やハゲというのは人の目が気になるものですよね。 逆に言えば人の目を気にしなければAGAというのは命や体調に関わるものではないですから気にならないとも言えます。

そうは言ってもやはり男性としては女性の評価が気になるところですよね。 やはり一般的には薄毛やハゲの人は女性の評価が低い傾向にあります。 ハゲはかっこ悪いというイメージは自分がそう思っていなくても世間はもうそういった認識になってしまっていますからね。

そう考えるとやはり自分では気にしていなくても女性の評価を得るためにはAGAを治療して髪を生やすしかありません。 多くの男性はやはり女性にモテたい、女性に嫌われたくないといった理由で薄毛を嫌うことでしょう。

ただ、男性として知っておきたいのは、女性の評価は毛髪だけが全てではないということです。 もちろん外見も大切ではありますが、あまり悩みすぎず内面を磨くことも大切ですね。

カテゴリー: 精神面 | タグ: | コメントは受け付けていません。