男性ホルモンが多い場合のAGAの治療方法について

AGAの原因となっているのは男性ホルモンの過剰な分泌だとされています。 男性ホルモンが多い人はAGAになりやすく、つまりはハゲやすいということになりますね。 男性ホルモンが多い人はどのようにしてAGAを治療すれば良いのでしょうか。

AGAの原因となっているのはジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンです。 このホルモンの働きによって脱毛が引き起こされ、抜け毛が多くなってしまいハゲてしまうわけです。

男性ホルモンが多い方はこのジヒドロテストステロンの働きを抑える薬を使うというのが一般的な治療方法です。 代表的な治療薬として知られているプロペシアジヒドロテストステロンの働きを抑え通常に戻す効果を持っており、AGAの進行を止めて抜け毛を減らすことができます。

これだけだと抜け毛を減らしただけに過ぎませんから、ジヒドロテストステロンの働きを抑えるのと同時に、発毛や育毛効果のある育毛剤などを使用するのが良いでしょう。

カテゴリー: 治療薬 タグ: , パーマリンク