アレルギー性肉芽腫性血管炎(AGA)の原因と症状

同じ「AGA」でも、「Allergic granulomatosis」を略したAGAは、血管炎の一種で、日本語では「アレルギー性肉芽腫性血管炎」といいます。 「男性型脱毛症」のAGAとは全く関係ないのですが、「AGA」で検索するとヒットすることがあるので、少しだけご紹介します。

アレルギー性肉芽腫性血管炎は全身の動脈に血管炎が起きる病気です。 この原因は今のところハッキリとは分かっていませんが、何らかのアレルギー反応によるものと考えられており、その証拠に気管支喘息やアレルギー性鼻炎の人が掛かりやすいようです。

アレルギー性肉芽腫性血管炎は、まず先行してアレルギー体質が起こります。 例えば気管支喘息が発症してから3年以内にこの病気が現れると言われています。 その後の症状としては、痺れや感覚障害などの神経症状が多く、その他筋肉痛や腹痛、消化管出血、心不全や心筋梗塞、発熱なども起こります。 これらは炎症を起こしている血管の支配下にある臓器に血流障害が起こることで引き起こされている症状です。

われわれに関連が大いにあるAGAについて、早めの治療こそが改善率に大きく関係します。自分でケアしても1年間続けて効果が全くないといったケースも珍しくありません。実際10年近く育毛剤を使っているが、完全にAGAでハゲの姿で生活をしているって人も少なくないのです。

札幌から沖縄まで、AGAを専門とするクリニックの数は増え続けています。その中で、薄毛の患者に選ばれている病院こそが、本当に任せられる期待の病院と言えます。例えば札幌でも沢山のAGA病院がありますが、その中でも非常に評判が良い病院というのが一つあります。参考:aga病院札幌.biz

治療に通っていれば普段の生活は全く気にしなくていいかというとそうではありません。やはりAGA治療には普段の食生活や生活習慣も大きく関係してきます。基本的に健康的な生活を送ることがAGAにとっても良いスタイルだとされています。

カテゴリー: AGA病院 タグ: , , パーマリンク