AGA治療に効果が期待できるジェネリック医薬品 

AGA治療に最も効果があるとされている治療薬プロペシアは万有製薬が2005年から輸入承認許可を得て日本で販売している医薬品です。

このプロペシアと同じ成分であるフィナステリドを含んでいるものとして海外で製造販売されているフィンペシアというものがありますが、これはジェネリック医薬品で、日本では販売許可が下りていません。

ジェネリック医薬品であるフィンペシアはプロペシアと同じようにAGA治療の効果が期待されている上に、1錠あたり100円前後で買えるというメリットがあり、最近、日本でも個人輸入で購入している人が増えています。 しかし、AGA治療と言うのはその人の症状にあった治療薬を処方しているためジェネリック医薬品での効果は保証がありません。

また、AGA治療薬には副作用なども報告されていますから、副作用に対するリスクや商品に対する信頼性や信憑性、輸入代行のリスクなどのデメリットがあります。

確かに、ジェネリック医薬品は安価で手に入れることが出来ますが、確実にAGAを治療したいとお考えの方は、信頼できる専門クリニックなどの医療機関で処方してもらう治療薬を購入するようにしましょう。AGA治療を広島近辺でご検討であればこちらをどうぞ!http://aga病院広島.biz/

初期段階のAGAの場合、AGA治療薬を服用し始めてから、目に見える効果が現れてくるのが、例えば、毎日フィナステリドを1錠飲み続けて大体半年から1年だと言われています。 ただし、100%発毛すると言うことを断言しているAGA専門クリニックと言うのはありませんし、個人差によっても効果ある、効果なしと言う結果になってしまう場合もあります。

しかし、フィナステリドを飲み続けている人の90%の人は、抜毛が少なくなった、髪の毛が生えてきたなどとAGA治療をする前より改善したと、何らかの効果があった反面、残りの10%の人は、効果なしと言う結果も出ています。 この10%の人の状況を統計でみるとAGAの進行が早く、既に髪の毛の量が減ってしまっている人です。

AGA治療をしても「効果なし」と言う結果になる前に抜毛が気になり始めた段階で、治療を受けましょう。 早い段階だと効果も出やすく見違えるほど髪の毛の量が増えるなど、期待することが多くなります。

不安に思われる場合は、治療費や治療方法、生活習慣のアドバイスなど教えてもらうことが出来ますので、AGA専門クリニックなどで無料カウンセリングを受けてみませんか?

 

カテゴリー: AGA病院 タグ: , , パーマリンク