だいの大人が100円をコソ泥するとか寒くないかい

この間の出来事です。ジムでポッケに入れていた100円を落としてしまいました。そしたら、別の人が100円拾ってこっそりポケットに入れてるんです。「いやいや、それ俺のだから…」って言いそうになったけど、言うのも野暮っていうか、その人がこそこそとポッケに入れている姿を見たら自分のものだと自己主張する気概も失せたって言うのが本音ですね。

たかだか100円っていうとお金を安んじているようでいささか憚られるんですが、それにしても大の大人が100円の硬貨を周りの目を気にしながらポケットにしまう姿は滑稽という言葉以外の何物でもありませんでした。

しかし、不景気と言いますか、こんな小さな場所にも不景気の波が押し寄せていて、目の当りにさせられた気分で少し悲しくなりました。むろん、私なら迷わずジムのスタッフに落し物として届けます。それが大人として当然のマナーというかエチケットというか、こっそりポケットにしまうような行為は乞食同然だなぁって思いましたね。

カテゴリー: 精神面 タグ: , パーマリンク