プロペシア錠剤に妊婦は触るな

プロペシアは男性型脱毛症の治療薬として多くの医療機関で処方されている薬です。 薄毛で悩んでいた男性が徐々に頭髪の濃さや太さに感激するなら、治療してよかったと思うことでしょう。 強力な薬である反面、その副作用も強いため注意が必要です。 特に妊婦の方は絶対使用してはいけないと注意喚起がされています。

プロペシアを妊婦が使用すると、体内の男子の生殖器発達に問題が生じるといわれています。 生まれてきた男の子が大きくなっても排尿できなかったりセックスできなかったりすれば可哀想です。 そうならないためにも、こうした作用の強い薬は個人輸入して自己判断で服用するのは大変危険なことなのです。

プロペシアの錠剤はコーティングされているので砕けたり割れたりしていない錠剤を妊婦が触れても、有効成分に触れることはありません。 しかし、砕けたり割れたりした錠剤は絶対に触ってはいけない、と厚生労働省のホームページも注意喚起をしているのです。

カテゴリー: 治療薬 | タグ: , , | コメントは受け付けていません。

プロペシアの副作用は皮肉に男性を襲う

AGAの治療は一般的には内服薬と植毛だといわれています。 植毛手術はかなり高額医療になりますしそれなりにリスクもあるため、まずは内服薬から治療を始めるというケースが多いことでしょう。

画期的な治療薬が開発されて宣伝も派手になってきたのですが、ほかの薬と同じように男性型脱毛症の治療薬にも副作用がみられています。

プロペシアと呼ばれるAGA治療薬の場合には、勃起不全やED症状が副作用として報告されています。 これはかなり矛盾をはらんだ問題といわねばなりません。

というのは、特に若年層のAGA患者の多くは異性にモテたいという熱烈な願いからこの治療を始める場合が多いからです。 辛らつな若いOLたちから薄毛やハゲとののしられてきた男性たちは、バレたらどうしようという恐怖からカツラさえ使用できない方がいるのです。

そこへ舞い降りてきたAGA治療薬プロペシアの朗報。 ワラをもすがる思いで治療を始め、期待通りに髪が徐々に濃く太くなって、これなら女性たちからもバカにされないと喜んだのもつかの間、今度は勃起不全やED症状が出てくるとなると朗報も単なる期待外れとなってしまうのです。 なんとも皮肉なプロペシアの副作用でしょう。

カテゴリー: 治療薬 | タグ: , , | コメントは受け付けていません。